ゆすら様からバトン頂きましたー^^
ときたまイラストが入ってたりします。


「○○がお邪魔するバトン」

○○がお邪魔するバトンです!
つまりは貴方の家に○○がやってきます

【ルール説明】
*まずはキャラを指定して下さい
*○○、【】にはキャラ名を入れて下さい
*妄想を膨らませていきましょう(笑)


それではいきましょう
指定→【空気】…まだ本編の方で出てない設定があるんですが使っちゃいました←

■ある日、チャイムが鳴ったので玄関へ行くと【空気】がいます。
泊まるところがなく困っているようです。

一体どういう経緯で私の家へ…!?まぁ、とりあえずあがりなよ。
泊まるところがないとは、空気にしては抜けてるなぁ。
■貴方の家に泊まることになった【空気】。お礼に何かお願いを聞いてくれるそうです。
高跳び教えて下さい…コーチして下さい。切実…!
■部屋に案内すると【空気】が一言

うわあああ!ごめんなさいー!!
あ…一緒に片づけてくれるの…?ありがとう空気、さすが海里の保護者だね。
■しばらく会話をして時間を過ごすことにしました。
【空気】は緊張しているようです。どんな会話をしましょう。

世界陸上ネタくらいしか出て来ないや。あ、それでいいの?良かった〜。
■会話も弾み、気付けば、既に夕食の時間。
貴方が準備をしていると【空気】が手伝いたいとやって来ました。
君の特技を見せて下さい。和風料理でお願いします!
(自分は作る気まったく無し。)
■準備も完了し、食事中です。【空気】の方を見ると頬にご飯粒がついています。

空気って、案外抜けてるよね☆
■ご飯も食べ終わり、お風呂の時間。【空気】が一緒に入りませんか、と誘ってきました。

自分で言っといて照れるなよ。
■お風呂からあがると、先に部屋に戻っていた【空気】がベッドで横たわっています。
練習して疲れたんだね。真下にこってりしぼられたり、海里の面倒見たりで大変だもんね。
■風邪をひくわけにもいかないので、【空気】と一緒に寝ることにしました。
空気は背ちっちゃいから上手く寝れる気がする。
■先に起きてしまった貴方。【空気】は貴方の服を掴み小さく寝言を言っています。

空気のこと小さいって言うのは海里辺りかな?
■【空気】も起きたようです。必死に謝ってきています。
寝言で起きたと思ったんだね。そしてその後↓

そんな悔しそうな顔した空気が好きだ。
■朝になったので、【空気】は帰らなくてはなりません。
もし、するとしたら何をする?そして何と言う?
空気の家はお寺なので今度遊びに行かせて下さい。
そして美味しい手料理をお馳走して頂けると尚嬉しい。(図々しい)
お疲れ様でした!質問は以上です。
■次に回す人とキャラを指定して下さい(※人数は問いません)
フリーです^^どなたでもどうぞー。


Fast!へ戻る

トップへ戻る